最新中学の学習事情

近年の中学校の教育の現状は?

市川に限らず学力は低下傾向

市川に限らず、近年の中学校の教育をみてみると、国際的な学力調査であるTIMSSでは全体的には上位にあります。それでも、数学に関しては前回よりも点数が下回っており、教育課程実施状況調査でも数学の正答率が前々回と比較し低くなっている傾向です。また、学習意欲または学習習慣についてもTIMSSも教育課程実施状況調査でも十分とは言い難いなどの課題が浮き彫りとなっています。

体力や運動能力でも二極化が進んでいる!

そして、体力や運動能力調査の結果を見てみると、能力の高さは自ら意欲的に運動をする子供とそうでない子に分かれており、子供の体力不足が心配されます。さらに、不登校や暴力行為などの発生件数自体は減ってきていますが、未だに数多く起きているのが現状で、今後も教育上において問題となると考えられます。年齢別に見てみると、小学6年生と比較して中学1年生で不登校や暴力行為が大きく増加している傾向です。品行の良くない生徒が学校に来ることにより、勉強をしたい生徒が学校では落ち着いて勉強できない状況に陥っているという事例も少なくありません。勉強したい子供などは、中学1年生のうちから塾へ通い勉強をする子もいるとされています。市川に住む中学生にも、こうした生徒はいる可能性があると考えられます。

時代にニーズにマッチした学習塾が必要なのは市川も同じ!

市川には多くの塾がありますが、塾というのは受験に合格するためのパートタイムである教育機関という見方もできます。また予備校というのもありますが、こちらの場合はフルタイムの教育機関と判断できますので、予備校は塾には該当しません。1992年ごろには浪人生は38万人ほどいましたが、少子化やそれに伴った大学全入時代を背景として、2014年には8万人ほどにまで減少しています。よって、以前に比べると学校を除いたフルタイムの教育機関は需要が減っているのです。こうした現状から、予備校側は現役生向けのコースを開講するなどして生徒獲得を目指しています。例えば河合塾『MEPLO』は中高一貫校の生徒に向けた講座です。中高一貫校に通う中学生には、英語と数学のみの指導が受けられる仕組みになっています。塾もしくは予備校というのもこのように時代により変遷してきているのです。

市川で中学生向けの学習塾を探すなら2教科に絞ろう!

5教科全て塾に通うのは負担が大きい!?

市川で中学生向けの学習塾を探すなら、学習する教科もポイントになります。つまり、5教科にするか主要科目のみにするかといった点です。5教科全て通うとなるとお金も時間もかかりますので、長期休み以外で日常的に塾へ通うのなら、中学生であれば目安は週に2科目となります。市川に住む中学生だけでなく、この年代は部活をする生徒が多く、さらに他に習い事をしているのなら、これ以上抱えると疲れが出て集中できなくなり効果も上がらなくなる可能性が高いので、スケジュールとしては限界となります。市川に限ったことではありませんが中学生などはまだ体力として成長段階ですし、休憩することも時には必要となります。受験前や夏期講習の時期に成績アップを望むなら、2教科のみを受講している段階で学習に集中出来るようにならなければいけません。

数学と英語がやはり重要!

そうなれば、受験前等に通う回数を増やした場合の効果も違ってくるのです。もし2教科をどれにするかと選ぶなら、数学と英語が適しています。これらの教科は中学生が苦手とすることが多く、数学や英語がわからなければ、他の科目に対しても苦手意識を持ってしまう可能性があるからです。数学や英語への理解が深まると、中学生も勉強自体への自信も持てるようになり、良い影響が出てくると考えられます。よって、市川で中学生の塾を探すなら2教科のみを受講するようにして、受験前などになったら科目を追加するなどを検討するのも一案です。中学生に適した塾が市川には充実していますので、生徒の学習環境に合うかどうかを重視して選んでみてはいかがでしょうか。